町営寮スタッフ紹介


離島留学生のお世話をするじんぶん館のスタッフを紹介します!

右から、館長平良朝春、ハウスマスター的場陽子・内村未来・上山亜紗実
右から、館長平良朝春、ハウスマスター的場陽子・内村未来・上山亜紗実

じんぶん館館長平良朝春

2019年4月より館長に就任。

じんぶん館第一期生の身元引受人として、立ち上げ時から寮生を見守ってくれていた。

久米島町の字比嘉在住。

 

寮生(主に女子)からは、”あさはるじぃ”と呼ばれており、寮の庭いじりが得意。2男1女の父。

趣味はバスケ観戦と模合。

ハウスマスター

的場陽子

2018年4月より勤務。兵庫県西宮市出身。

東京で教材会社、島根県の離島で公営塾講師として働いたのち、デンマーク留学を経て、久米島に辿り着く。

趣味は映画鑑賞とパン屋めぐり。

内村未来

2018年4月より勤務。神奈川県横須賀市出身。

東京とシンガポールでIT会社の営業職として働いたのち、自身の中学時代の山村留学の経験を活かしたいと思い、久米島への移住を決意。

 

趣味は旅行とエイサー。

上山亜紗実

2019年4月より勤務。神奈川県川崎市出身。

都内のスポーツジムで働き、スイミングインストラクターの経験も有。様々なボランティアで積極的に活動する中で、”球美の里”と出逢い、それがきっかけで久米島に移住。

前職をいかして久米島の小学生に水泳も教えている。

 

趣味は編みものと海に行くこと。