離島留学の魅力


地域の中で様々な挑戦をしながら、他者と関わりながら、様々な『自分』を見つめ、発見していく。

高校生の挑戦、成長を支援するために、様々な支援体制を整えています。

町営寮『じんぶん館』

平成28年度にオープン!

平成28年4月にオープンした「じんぶん館(正式名称・久米島町地域支援交流学習センター)」は、県外から久米島高校に入学する生徒のための宿泊施設です。

 

「じんぶん」とは、沖縄の言葉で“知恵”という意味。

 

この施設で切磋琢磨し、”じんぶん”をつけて世の中に羽ばたいてほしいという想いが込められています。

自ら探し、選び、決断する力を

町営寮では、寮を、共同生活を通した人間教育の場として捉え、寮生が自ら考え行動できるようになることを目指しています。

寮といえば、単純にただ生活する場と思われるかもしれません。

しかし、この寮では、寮生活=人間力を身につける学びの場、ひいては未来を担う人材育成の機関と捉えています。

 

寮のコンセプトは、「自分で探し、選び、決断する力を身につける」

 

生徒の皆さんは、15歳で全国各地から親元を離れ、久米島高校へ進学することを決断します。

その勇気ある経験と同様、寮生活、また3年間の高校生活においても、「自分で探し、選び、決断する」ことを大事にしてほしいと考えています。

誰かに与えられるのを待つのではなく、この久米島という地で、自らやりたいことを見つけ、仲間をつくり、道を切り拓いていってほしいという思いが込められています。

生徒の成長に伴走~ハウスマスター~

ハウスマスターは、寮生の健康・安全を守ると同時に、一人ひとりの成長を支える伴走者です。

困ったときに相談を受けるのはもちろん、寮のコンセプトにあるように寮生の主体性が発揮されるよう支援します。

 

費用

施設使用料:24,000円/月  食費:18,000円/月 

入寮費(初回入寮時のみ):10,000円

その他寮生活について詳しく知りたい方は以下から!

 



 

寮生活の様子を日々ブログで発信しています!

↓↓↓

町営塾『久米島学習センター』

久米島学習センターは2015年4月にオープンした、久米高生のための公営塾。

インターネットによる動画講義等が簡単に見られるようになった現代においても、離島地域と都心部には教育環境の格差が存在します。

そのギャップを埋めるために、久米島町が塾を運営しています。

 

学校の定期テスト対策から難関大学進学対策まで、生徒個人個人のレベルに合わせた指導を行っています。

スタッフ5名体制で国数英理社だけでなく、小論文対策や推薦試験対策など、全科目をカバー。

高校の先生方とも連携を取りながら、生徒の学力向上に努めています。

選択を正解に!未来を生き抜くゼミ授業

”今の小学生の65%は将来、今は存在しない職業に就く”

 

米デューク大学の教授、キャシーデビッドソンが2011年に発表した言葉です。

 

テクノロジーの著しい発達、不安定な国際情勢。。。

そんな現代を生きるこどもは、以前よりも不確実な社会を生き抜いていく必要があると言われています。

そんな不確実な社会を生き抜くために必要な力は何か?

 

それは『選択を正解にする力』であると我々は考えています。

どのような選択をしたとしても、その選択自体を正解にする。

そんな強さを身に着けてほしいという想いから、普段の授業とは少し違う、ゼミ形式の授業を行っています。

【ちゅらゼミ】

普段学校や塾で受ける授業をイメージすると、『先生から何かを教えてもらう』という印象が強いかもしれません。

ちゅらゼミは、生徒自身が参加をしながら学びを深めていく授業です。

ペーパータワーというワークを通して、他者との協働の仕方を学んでいきます。
ペーパータワーというワークを通して、他者との協働の仕方を学んでいきます。
学問かるたにトライ中。大学で学ぶ学問にはどんな種類があるのか?遊びながら学びを深めていきます。
学問かるたにトライ中。大学で学ぶ学問にはどんな種類があるのか?遊びながら学びを深めていきます。

【志望理由書作成ゼミ】

主に難関大学の推薦入試やAO入試を希望する生徒に対しての個別ゼミ。

推薦AO入試において重要なのは、『なぜあなたがその大学に進学したいのか?』という理由です。

スタッフ一人一人がときに厳しく、ときに寄り添いながら、その想いの言語化のサポートをしています。

費用

1・2年生 5,000円/月 3年生 7,000円/月

※別途、必要に応じて参考書を購入いただくこともございます。