町営寮スタッフ紹介


離島留学生のお世話をするじんぶん館のスタッフを紹介します!

左から

館長:平良朝春 

高校魅力化コーディネーター:上月幸雄

ハウスマスター:大石良平、田中彰、上山亜紗実

事務:久銘次美夕貴

 

じんぶん館 館長

平良朝春

2019年4月より館長に就任。久米島町字比嘉。

じんぶん館第三期生の身元引受人として、離島留学生を見守ってきました。

久米島町の字比嘉在住。

 

寮生には、地域の触れ合いを通して、多くのことを体験し、久米島に来てよかったと思えるよう成長して欲しい!

 

趣味はスポーツ観戦とウォーキング

高校魅力化コーディネーター

上月幸雄

2021年4月より着任。大阪府大阪市出身。

 

未来に手渡せる志事として、久米島で発起されていた「風の帰る森プロジェクト」に参画するため、4年前に家族で移住。

 

その事業のスタートアップに携わりながらも、この度ご縁があり高校魅力化にも携わることになりました。

 

寮生を含む久米高生が、地域で躍動するための環境づくりに努めます。

 

今年の目標は、1人でも多くの久米高生と関われることと、久米島メンズフラダンスに復帰。

ハウスマスター

上山亜紗実

2019年4月より勤務。神奈川県川崎市出身。

 

前職はスポーツジム勤務。スイミングインストラクターの経験を活かし、久米島の小学校で水泳の授業にも携わっている。

プライベートでは、福祉関係や教育関係など様々なボランティアに参加し、パプアニューギニアへの渡航経験もあり。

 

寮生だけではなく、仲間や自分と向き合い、日々成長していける「ハウスマスター」と言う仕事が私は大好きです。じんぶん館に関わる全ての人が「久米島最高!」と思えるように、笑顔で卒業できるように、精一杯サポートしていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

趣味はマリンスポーツと編み物

大石良平

 2020年4月より勤務。長崎県平戸市出身。

 

東京の民間学童保育で校舎運営やイベント企画に携わり、「島で教育がしたい」という思いを実現するために久米島へ移住。

 

寮生と接する中で気付いたことは、ふるさとは場所じゃなく人でもいいかもしれないということ。

 

目標はただいまと言いたくなるような人になること、久米島マラソンの表彰台に立つこと。

 

田中彰

2020年4月より勤務。大阪府豊中市出身。

 

人材紹介、営業、個人事業主を経て久米島にやってまいりました。

 

今年の目標は寮生の笑顔が1秒でも長くなるよう努めること。

久米島で学んだことを、今後の人生で誇れるような生徒になって欲しいと願っています。

 

趣味は筋トレ、シュノーケリング、釣り、サップ

 

じんぶん館スタッフ

久銘次美夕貴

2021年4月から事務員として勤務。久米島町出身。

 

日中、事務室で仕事をしているため、寮生との関りは少ないですが、みんなが生活しやすい環境作りを陰ながらサポートしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

趣味は、散歩と釣り